ロシア菓子パン、ブブリク。Russian snack bread, Bublik, is what you wanted to try!

今年の夏、息子とロシアへ行ったとき、おやつの大好物になったのはロシアのパン、   ブブリク (Бублик)。1歳2か月の息子の初言葉は、ひょっとしたら、ママでもパパでもなく、ブブブだったのかね 笑

ブブリクのほかの菓子パンとの大きな違いは、ドーナツのような形を作ってオーブンへ入れる前、数秒それをお湯でゆでること。それによって、きれいな色だけでなく、外が固めで中が柔らかい。

IMG_9570

卵が使われていない、牛乳製品も入っていない、砂糖も少なめで、小さい子供に適しているといっていい。作り方も簡単。イーストで生地を作ることが得意ではない方も何の問題なく作れそう。生地を長い時間練ることも不要。オーブン時間も15分だけ。素敵じゃない。

IMG_9580

一回で16個くらい作っているけど、半分以上はさっそく冷凍。そして、二三個づつ解凍しながら息子にあげている。解凍後のブブリク、おいしい!

IMG_9579



ロシア菓子パン ブブリク

16個分

  • 小さじ3 ドライイースト
  • 大さじ3 砂糖
  • 1カップ 30-40度 お湯
  • 小さじ1 塩
  • 1/3カップ キャノーラ油
  • 3カップ 強力小麦粉

方法

  1. ボールに30-40度のお湯を入れて、そこへドライイースト、砂糖を入れて軽く混ぜて10分そのまま置いておく。それでドライイーストが元気かないかを確認する。表面に泡が出はじめたら元気な証拠。そこへ塩をたしてよく混ぜる。
  2. 大きいボールに小麦粉3カップを測って入れて、1をたしてゴムヘラなどで混ぜながらキャノーラ油をたす。乾いた小麦粉が見えなくなった以上こねなくていい。
  3. ボールにタオルをかけて20分置いておく。時間がたったら生地を一回ボールから取り出して軽くこねる。終わったら生地をボールにもどしてタオルをかける2時間おいておく。
  4. オーブンを220度に温めておく。ベーキングトレーにクッキングシートを敷いておく。鍋でお湯を沸かす。
  5. 生地を16分に分けて、ドーナツ形を作る。一個づつ、お湯に入れて10秒くらいゆでてからベーキングトレーにあげる。すべてゆでたら220度に予熱されたオーブンで15分を焼く。
  6. ブブリクが冷めたら冷凍オッケー。


パクパク食べちゃいそうな、おいしいブブリク、お茶にでも焼いてみてね。

☆☆☆

   This summer me and my 1 year and a bit old son went to play with my Russian fam back to the Urals in Russia. That was where the kid literally got addicted to Russian sweet snack bread, Bublik. Seriously, sometimes I am not sure if the first word of my kid was not Mama or Papa but Bububu.

The key thing which makes Bublik so tasty is that you need to boil it for few seconds in water before baking. And oh it does make the difference! Almost crispy on the outside and soft inside it becomes, perfect balance, right?

What is also important, that Bublik is truly easy to make. Not strong with yeast? No problem, easy dry yeast and easy way to control it. Not liking to knead dough? In this recipe you don’t have to! Baking time is 15 minutes – fast, right?

Bublik has no eggs or dairy inside, and fairly low sugar amount, which is totally kid friendly. Dream like snack.  Enough talking, let’s bake!



Russian snack bread Bublik

Makes 16

  • 3 tsp dry yeast
  • 3 tbsp sugar
  • 1 cup 30-40C water
  • 1 tsp salt
  • 3 cups flour
  • 1/3 cup canola oil (or other vegetable oil of choice)

How to

  1. In a bowl, add yeast and sugar into the water of 30-40C temperature, stir it a bit and set aside for few minutes. If you see the bubbles – it means yeast is alive and you can proceed with baking. Add salt and stir well again.
  2.  Measure 3 cups of wheat flour and add yeast liquid there. Mix lightly with spatula and finally pour oil. Mix again until there is no dry flour in sight.
  3. Cover with towel and leave the bowl for 20 minutes, then knead a bit and leave for 2 hours more.
  4. Preheat oven to 220C. Line cooking tray with baking sheet. Boil water in a saucepan.
  5. Divide dough into 16 parts and make doughnut shapes. Put it one by one into boiling water for about 10 seconds and take out onto cooking tray. After boiling all the 16 bubliks put it into preheated at 220C oven for 15 minutes.
  6. Can be stored in freezer after cooled.


I swear I could eat them up all if not for baking it for my son hahaha. Don’t hesitate and bake some for yourself, OK?

Kisses!

Advertisements

We are alive and back from Russian trip! 生きている!ロシア旅行から帰国。

お久しぶりです 笑

二週間半の準備と、二週間半のロシア旅行、ブログアップデートする暇も、時にインターネットもなかった。が、やっと自分の東京アパートに戻り、ずっと懐かしく、そして恋しく思っていたキッチンに立ち、ほっとした。ロシアの実家に帰っていたけど、やはりそこはもう、自分の家として感じられなくなってしまったので、あくまでも自分が住んでいた家、それか両親の家になってきた。実家は好きだけど、東京アパートはマイホームだな~って毎回毎回再確認。

 ロシア一時帰国は3年ぶりだったけど、帰っていないうちにまた色々変わってしまい、私の故郷であるエカテリンブルグ市も激変化。物価は高くなったけど、外食できるまともなレストランも増加。それはうれしいうれしい。ちびっ子連れは大変だったけどね。ロシアはまだまだ日本ほど赤ちゃん連れてショッピングしたり、外を楽々散歩したり、バスなどに乗ったりするほど楽ではない。というか、時に最悪!笑 なんとか生きぬいたけどね!

ロシアにいる間ちょうど、ちびっ子が生後6ヶ月をヒットした。早い早い!かわいいやつめ。

img_7196

ロシアは10月はもう寒いけど、日本から持ってきた秋用の服はこっちの親戚にダメダメされ、チビ青虫君が冬青虫君に変身。お母さんは泣きながら笑い。

img_7087

滞在の最後までこの服装に慣れることがなく、ずっと反抗していた。

今回のロシア一時帰国のテーマになったのは、懐かしい味。

懐かしい味その一シーバックソーン。これはこれは子供のときの別荘の味だ。正直言うと、小さいときは嫌いだった。が、今は惚れ直した。なんて美味しいラムネ、ハーブテイー、ジャム、などなど。日本にはないのがとっても残念。

懐かしい味その二セイヨウスグリ。別荘のベッリ、毎年腐るほど集めていた。あんまり好きじゃなかった。なんでだろう。母がつくった自家製ジャムが美味しくて毎日ヨーグルトにコッテージーチーズパンケーキに。食べれるだけ口にいっぱい入れていた。太ってもかまわないくらい。IKEAに二年前一回だけみたこのセイヨウスグリジャムは、もう売っていない。受けが悪かったのか、たまたまあったのかは分からない。喜んでいた覚えだけはある。

img_7410

懐かしい味、その三は、牛乳製品。やはり、豊富だな。食べても食べても足りない。ああ、恋しい牛乳製品。

そして、今回のエカテリンブルグでの新しい場所・観光名所ですごく気に入ったのは、

B.N.エリツィン記念館

記念館の展示自体もおしゃれで、同じ建物にあるカフェもおいしい。デザートも満足で、もう、これで日本に帰ってもいいくらい 笑。

ケーキは、エゾノウワミズザクラ粉でできたもの。初めて食べて感動。食感はスポンジケーキよりはしっかりしているが、決して硬くはない。クリームも甘みが控えめで、幸せ。

さてさて、来週からまた調理開始なので、お菓子たくさん焼こう。柿が旬なんで、色々実験が楽しみ!

 

Yes, we are alive!

Two weeks of preparations followed by two weeks of trip back to my Motherland, Russia, took me out of blogging completely. Out of blogging and baking as well. Visiting relatives and the places I grew up is fun, but as I have been out of the country for 8 years already, I don’t feel it being my home anymore. Gosh I have been missing my kitchen like crazy!

Last time I visited my hometown, Yekaterinburg, was 3 years ago, and I kind of suspected facing some changes in the city. It happens to me each time actually. Some changes are good ones, some are not, but surely the city is growing and the places with delicious food are being opened at nice pace as well.

This time I had sort of Nostalgia Tour, rediscovering some true Russian tastes I forgot about. The first one was sea buckthorn. Believe me, I hated these orange berries so much as a child. We had few huge trees at our county house yard, but I never liked the taste. This is why this time, tasting teas, jams and sweets with sea buckthorn it hit me how delicious and unique the taste is! And how sad I am now after learning Japanese don’t have it! (Mr. Internet told me there are some experimental trees planted in Hokkaido, but what is the use for me?)

Second Russian taste I was enjoying during this trip all along was gooseberry taste. Again, we had plenty of gooseberries in our country house yard and those never were my favorite. I was surprised to find gooseberry jam inside mom’s fridge (she made it herself!), and as I tried it I was lost to the outside world. I had almost everything with this jam, and it was never enough hehe. Japan, why don’t you have this one too????

I enjoyed my beloved dairy products as well, crying over my disability to stuff them all into my suitcase!

I discovered new place this time as well, Boris Yeltsin Presidential Center, which was opened year ago. Memorial exhibition is splendid, and cafe inside is really good as well. Couldn’t resist and ordered Bird Cherry Cake, made with bird cherry flour giving the cake unique texture and just right sweetness. I am a fan of this cake now, but, hey, no Bird Cherries here in Japan haha.

 Little Caterpillar turned 6 months during the trip, showering in attention of my crazy relatives and lovely friends, smiling and chatting as never. He even got some outfits for cold russian weather which he hated pretty much till the end of the trip (to be honest those outfits looked like the kid was being prepared to go to outer space). Well well, kid, you didn’t catch cold and it is all that matters! Mommy loves you in any outfit!

After this weekend I am finally getting back to cooking and baking, yay! We have persimmons and pumpkins season, and I am super hyped about it! Can’t wait to bake! Stay tuned!

Cabbage Rolls you will want to eat everyday. パーフェクト ロールキャベツ

Entry #9

ロシア人なら、ロールキャベツを絶対ロシア料理だと思っている。私もそう思っている 笑

ここんとこなぜかロールキャベツにハマり、週一回は夕飯に作っている。ちなみに、ロシア語でそれはГолубцы, ゴルブツイ。

ロシアの実家では母がゴルブツイ作っていたが、子供って好き嫌いが多いじゃない。私、理由なくゴルブツイとハンバーグは避けていた。ああ、もっと食べとけばよかったのに! 笑

ある東京のロシア料理店で大学生時代にバイトしていた時、メーニューにはもちろんロールキャベツがあって、自分にとってあれが再発見だったとも言える。バイト中何百個作ったかわからないけど、自分なりに家で楽しめるレシピのことを考え、今のやり方にたどり着いた。

さて、作ってみよう!


ロシア風 ロールキャベツ (ゴルブツイ)

  • キャベツ1個
  • 合挽き肉 300グラム
  • 米 1/4カップ
  • 玉ねぎ 1/2個
  • イタリアンパセリ、デイール 刻んだ状態で 大さじ1と1/2づつ
  • 塩 コショウ お好みで

ソース

  • 市販トマトピュレ  一缶
  • サワークリーム 100 ml
  • 水 1 1/2カップ
  • コンソメ大さじ1
  • ローリエ  1枚
  • 塩 とコショウ

方法

  1. キャベツを丸々ボールで茹で、ネットで冷ます。
  2. ひき肉にみじん切りにされた玉ねぎ、米(生のまま)、塩コショウ、刻んだハーブを入れる。ハーブはあまり細かく刻む必要ない。よく練る。
  3. キャベツを葉っぱごとにし、だいたい大と中サイズの葉っぱを8枚撮っておく。あまった小さい葉っぱは後で漬物にしてもいい!
  4. 葉っぱの固い芯の部分をナイフで平らにし、厚さを葉っぱと一緒にする。
  5. 真ん中に具を入れ、葉っぱを包み、できたロールを少し手で押したら、焼く時ロールは崩れたりしない。
  6. フライパンに油を温め、ロールキャベツを隙間なく入れ、焼く。片方が綺麗な焼き色になったら、ひっくり返してさらに焼く。火は中。
  7. ボールでトマトピュレ、水、サワークリーム、コンソメを混ぜ合わせる。
  8. 両方焼きあがったら、フライパンに7をかけ、ローリエ加え、弱火でじっくり液体がほぼなくなるまで煮る。味見して、塩コショウする。残った液体をソースとしてロールキャベツの上にかけてもいい。
  9. 盛り付けとしてサワークリームとイタリアンパセリをのせて完成!

沢山作りすぎても、そのままラップして冷凍してもいいし、後で解凍してソースで煮たら出来上がっちゃうので、簡単!

IMG_4221IMG_6974

是非作ってみてね!

IMG_4228

 

Everybody knows cabbage rolls. Who doesn’t. But we Russians consider it our national cuisine dish. And so am I of course!

I became quite fond of cabbage rolls which we call Golubtsy in my mother tongue. It is healthy and makes my stomach full easily, not to mention that it is easier to cook than it looks! And oh I am such a fan of sour cream I could eat it with this and that daily.

During my student years here in Japan, I have been working in some Russian cuisine restaurant here in Tokyo for 2 some years, and I lost count of how many cabbage rolls I made during that period. That experience gave me a huge chance to experiment with sauces so I came up to the one I am using new at home.

Are you ready to experience delicious Russian style cabbage rolls?


Cabbage rolls Russian style

  • 1 small cabbage
  • 300 g minced beef and pork mix
  • 1/2 onion
  • 1/4 cup raw rice
  • Italian parsley and dill minced 1 1/2 tbsp each
  • Salt and black pepper

Sauce

  • 1 can of tomato puree
  • 1 and 1/2 cups water
  • 100  ml sour cream
  • 1 leaf of bay leaf
  • 1 tbsp vegetable soup stock powder
  • Salt and black pepper

How:

  1. Boil cabbage, throw it to wire bowl to cool.
  2. Mix well meat, rice, onion, herbs, salt and black pepper.
  3. Take off cabbage leaves one by one, you will need 7-8 of big and medium sized ones. Cut the hard part of the leaves flat so it becomes thin as the leaf.
  4. Put meat mix and wrap leave around it. Press with a hand a little so rolls won’t open while you will be frying them.
  5. Heat the oil on a fry pan and put cabbage rolls so there s no space between them. Fry from one side, then turn over and fry again. Heat should be low or low-medium.
  6. Meanwhile mix tomato puree, water, sour cream, and add vegetable stock powder.
  7. When finely fried from both sides, add liquid mixture, bay leaf, and slowly cook until almost all the liquid is gone. Add salt and pepper to taste. Leave some to pour over as a sauce.
  8. Serve with more sour cream on top and some parsley.

Enjoy!

保存

保存